FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hagiwarapetclinic.blog.fc2.com/tb.php/13-b43b76b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マイクロチップ

きょうはマイクロチップについてです。

当院では、安全で確実な個体識別の方法としてマイクロチップの埋め込みを行っています。

マイクロチップとは、直径2㎜長さ12㎜の円筒形の電子標識器具です。
img_topproduct00.jpg

それぞれのチップには世界で唯一の15桁の番号が記録されてあり、この番号をリーダーで読み取り、データベースに照合することにより、「どこの誰が飼っているペットなのか」を知ることができます。

そのためには、まずマイクロチップをペットの体内に埋め込む必要があります。
専用のチップ挿入器(インジェクター)を使うため、もちろん麻酔などの必要もなく、痛みも最小限です。副作用の報告もありません。
その後、この15桁の個体識別番号とともにペットの名前や飼い主さんの住所、連絡先などを、データベースを管理するAIPO(Animal ID Promotion Organization)に登録する必要があります。

マイクロチップは、それ自体がペットの名前や飼い主さんの住所などを記憶しているわけではないため、これらの情報を管理センターに登録してはじめて個体識別番号としての意味を持ちます。この情報管理センターが「AIPO」です。

迷子や地震などの災害や事故などによって、飼い主さんと離ればなれになっても、マイクロチップの番号を読み取り、データベースに登録された情報と照合することで、飼い主さんのもとに戻ってくる可能性が高くなります。また、迷子になっている間に不幸にして交通事故などで命を落としたとしても、その連絡を受け取ることができるかもしれません。

わんちゃんではよく、「雷の音にびっくりして逃げ出して迷子になってしまった」というようなことも聞きます。
おうちに帰りたくても帰れなくなってしまうペットを減らすため、また飼い主さんのもとに帰してあげたくても何も手掛かりがないということを減らしていくためには、マイクロチップは有効で安全な方法です。

詳しくは当院までご相談ください。
                                    
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hagiwarapetclinic.blog.fc2.com/tb.php/13-b43b76b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。