FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンソン裂頭条虫

早いもので、地元 前橋で開院してもうすぐ半年になります。

今回のタイトルの「マンソン裂頭条虫」とは、わんちゃんや猫さんの消化管に寄生する寄生虫です。
これは、病院勤務時代(横浜市)ではほとんどみかけなかった寄生虫ですが、
ここではこの半年間で、何例かお目にかかりました。

すべて、屋外にも出かけて行くという猫さんか、外にいたところを保護して室内に入れたという猫さんで見つかっています。
猫さんに寄生していることの多いものとしては、ノミ、回虫などが一般的ですが、地域がらか、このマンソン裂頭条虫も発見されます。

この寄生虫は、
①まず、すでに寄生している猫さんの便中に卵として排泄されます。
②水辺でこの卵から孵化した幼虫が、ケンミジンコというプランクトンの一種(第1中間宿主)に摂取さ れます。
③このケンミジンコをカエルやヘビ(第2中間宿主)が捕食します。
④このカエルやヘビを食べると猫さんの小腸で成虫へと発育して卵を産み、→①へ というサイクルを くり返します。

この寄生虫の成虫は全長1m以上になることもあり、それが猫さんの口から吐き出されたり、便とともに排泄されたりしたところを飼主さんによって発見されます。
009_convert_20130426152755.jpg ←猫さんが吐き出したという成虫です。
また、便検査でも虫卵が比較的容易にみつかります。
病原性はあまり強くありませんが、特に子猫では大量寄生で下痢や成長不良を引き起こすことがあるようです。

しかし、このマンソン裂頭条虫のライフサイクルって複雑ですよね。
まず、孵化した幼虫がケンミジンコに摂りこまれ、そのケンミジンコをカエルが食べ、そこに猫がやってきてそのカエルを食べなければ、マンソン裂頭条虫は大人になれないのです・・・。
それでも生きのびて、ライフサイクルを営み続けている寄生虫たちってすごいなーーーと感動すら覚えます。

でも、やっぱり気分のいいものではないので、駆虫をすることになります。

ただ、外出する猫さんたちは、外に出てカエルを狩るたびにこの寄生虫に再度、何度でも感染するリスクがあるのです!
やっぱりいろんな意味で、猫さんは室内での飼育が安全ですね。

スポンサーサイト

狂犬病集合注射に行ってきました。

きのうは狂犬病集合注射の当番で集合注射会場へ行ってきました。
午前中休診でご迷惑をおかけしました。

きのうは一日大変な天候で、風に吹かれて全身砂まみれでした・・・。

集合注射に対してはいろいろな意見がありますが、きのう参加してみて思ったことは、地域によっては早急な完全個別接種への移行はなかなか難しいのでは・・。ということです。

もちろん、ワクチン接種という観点からすれば、静かな環境で体調のチェックを入念にしてからの接種が万全なのはいうまでもないことです。

ただ、地域によっては、最寄りの動物病院までとても遠かったり、わんちゃんが車に乗せられて移動すること自体に慣れていないなどの理由で、近隣での集合注射がありがたいという意見があるのも事実です。
また、今後の健康維持や病気になったときの治療のためには、動物病院という環境に慣れてもらうことが望ましいのですが、今まで培われた性格や飼育環境などによってなかなか難しいというコもいます。
それでも、犬の飼育者としての義務として、狂犬病ワクチンの接種はしてもらおうと連れてこられる飼主さんも多くいらっしゃいました。

わんちゃんたちの健康管理という意味と同時に、万が一の時の狂犬病蔓延の防止という意味合いを考えると、両方を満たせる接種方法があるのがベストです。
わんちゃんたちの社会性も身についていて、どの地域にも動物病院があるということが理想なのですが、なかなか現実問題難しいのでしょうね。

動物病院での狂犬病予防接種も随時行っております。

どちらの方法にしても、体調のいい時に接種して、接種後はできるだけ安静にしていつも以上に体調の変化に注意をしていただくことが大切です。

おしっこゾーン。

今日もいいお天気です。
芝生も少しずついい感じになってきました。

005_convert_20130413112812.jpg

ところで、わんちゃんは病院に来るとおしっこをしたくなるのでしょうか?
病院の帰りにおしっこをして行くわんちゃん結構いますよね。
緊張するからなのでしょうかね。

そんなこともあろうかと、病院正面におしっこゾーンを設けてあります。
おしっこゾーンを設けたというか、看板の支柱におしっこが直接かからないようにしようとした結果、ちょうどいいおしっこターゲットができたというか・・・。
看板の支柱の周りのブロックでできた花壇です!

ここにおしっこしても大丈夫です!
けっこうがんばっても支柱まではおしっこ届かないはず・・・。

花とか芝生にとっては、いいものなのかはわかりませんが・・。

思う存分おしっこして帰ってくださいね~~

前橋市 猫の去勢・不妊手術費の一部補助について

わんちゃん・猫さんの不妊・去勢手術については、以前書かせていただきました。
こちらをどうぞ。

今回は、特に猫さんについてです。
平成25年度 前橋市では猫の去勢・不妊手術費の一部補助制度が実施されることになりました。
これは、飼主さんによって保健所に持ち込まれたり、拾われて持ち込まれたりする猫の大半は
子猫だという現状を踏まえ、望まない妊娠により生まれてしまう猫を減らすことが目的です。
もちろん、以前にも書いたとおり不妊・去勢手術にはその他のメリットもあります!

現在、前橋市保健所でも積極的な保護猫譲渡活動が行われていますが、やむを得ず殺処分される子猫たちは後を絶たないそうです。

室内で飼育されている猫さんも、発情期を迎えると外に出たがったり、大声で鳴いたりと飼主さん猫さんともにストレスを感じることになります。
また、外でエサだけ与えられている猫さんたちは、年に2度出産シーズンを迎え、1度に4~5頭の子猫を出産します。
エサを与えてかわいがる という行為には、不幸な子猫を増やさないように不妊・去勢手術をしてあげる という責任が伴うものだと思います。

近隣の方たちへの配慮を忘れず、責任ある愛情を動物たちに注いでいきたいですね。
人間社会のルールの中で、少しでも不幸な動物たちを減らしてゆく行動を続けていくことが大切です。

平成25年度 前橋市 猫の去勢・不妊手術費の一部補助を受けるためには、事前に前橋市保健所への申請が必要になります。
詳細は前橋市HP→http://www.city.maebashi.gunma.jp/kurashi/42/142/p010482.html
でご確認いただくか、当院までお問い合わせください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。